イメージ画像

看護師転職-人間関係と転職について

看護師の退職理由として非常に多いのが人間関係に関することです。 ですが、人間関係を理由に転職を考えているのであれば、転職することで本当に人間関係が改善するのかどうかについても考えておかなければなりません。

例えば、給料や勤務時間などに関する条件がすべて理想的だったとしても、そこで働いている人にくせがあるようでは楽しく働くことができません。

特に、ベテランが多く集まっているような病院ではくせの強い方も集まりやすいので注意が必要です。 ただ、こういったことは実際に働いてみないとわかりませんよね。

求人票をチェックしたとしても人間関係についてまでは書かれていません。 面接などでも「うちは人間関係が良くありません」と教えてくれる職場はないでしょう。

その時は看護師専門の転職支援サイトを活用するのがおすすめです。 転職支援サイトでは通常の求人票に書かれていないような情報まで教えてくれるので、職場の人間関係についても事前にチェックできます。

どの職業でも言えることですが、人間関係が悪い職場は長続きしません。 他の条件がどれだけ良くても楽しく仕事ができない職場ではストレスが溜まってしまうでしょう。

求人票に書いていないことは転職支援サイトで確認しながら自分に合った職場を探していきたいですね。

また、求人票に書かれていることが100%本当だとは限りません。 例えば、子育てなどで職場を離れ、ブランクに悩んでいるという方もいますよね。 そういった方はセミナーなどの復職支援が用意されているところを探しているはず。

そこで、求人票に「復職支援に力を入れている」と書かれているところを選択したものの、いざ就職してみたらセミナーは年に数回のみ、その他の復職支援は特に用意されていなかったというケースもあります。

こういったことも考えられるので、その職場が自分に合っているかどうかというのは求人票だけでは判断できないのです。

他には就業条件が求人票や面接内容と違うトラブルに悩まされている方もいるため、自分1人で転職活動をするのではなく、転職支援サイトの力を借りることをおすすめします。

20代看護師の転職事情

看護師という職業は年齢よりも経験やスキルが重要視される職業であるため、若いうちは転職活動がうまくいかないのではないかと不安に感じている方も多いかもしれません。 確かに、20代のうちは長く働くことが重要視されるため、転職をすることに対してあまり良いイメージを持っていない方もいるでしょう。

しかしながら、看護師という職業では20代の転職はそれほど不利にはなりません。 というよりも有利な場合も多いため、働き始めたものの今の職場に不満を感じているという方は転職についても考えてみてはどうでしょうか。

実際に20代で転職をし、状況が良い方向に転んだ方もたくさんいます。

20代で転職をするメリットについてですが、まず、体力はあるということ。 看護師という職業は非常に体力を使う仕事ですよね。 そのため、体力のある20代は様々な職場で重宝されるのです。

また、まだまだ若いのでそれから先、長く勤務してくれる可能性もあるため、人材の育成などに力を入れている職場では積極的に若い人を採用しています。

それから、まだ職場経験がそれほど長くないということは、様々な考え方に対して柔軟に対応できるということ。 一つの職場で長く働いている看護師はその職場の考えや働き方が身についていることもあり、転職した後に苦戦してしまうこともあるのです。

そういった方とは違い、周りの助言などを素直に受け入れられる人ならば20代の転職でも不利にはなりません。 デメリットとして挙げられるのは経験不足であるということ。 残念ながらこれは仕方がないですよね。

20代で転職をしようと思っている方はこのデメリットを受け入れつつ、メリットである体力などをアピールしていくと良いでしょう。

多くの職場ではやる気のある人を求めています。 どの職場でも勤続できる人を求めているので、長く働ける、やる気があるということをしっかりアピールしていきましょう。

病院側が20代の採用で不安に感じるのは、もしかしたらすぐに辞めてしまうのではないか?ということです。 そう思われてしまうと採用が難しくなるので、このあたりは面接対策を取っていきましょう。

30代看護師の転職事情

30代になってから転職を考え始める方は珍しくありません。 例えば、体力勝負の職場もありますよね。

看護師の職場は忙しいところが多いのですが、他の職場に比べて朝から晩まで忙しく走り回らなければならないような職場もあります。 そういったところは20代のうちは何とか頑張れたとしても、30代に入り体力が落ちてくると徐々にきついと感じてしまうこともあるでしょう。

その30代の転職事情についてですが、非常にメリットが大きいです。 職場からすると、経験を積んできている30代は20代に比べてつきっきりで指導する必要もないため、非常にありがたい存在だといえるでしょう。

それだけでなく、まだまだ長く働ける年齢であるため勤続に関する期待もあり、30代の看護師を積極的に採用している職場が多いです。 30代になってから転職をするメリットについてですが、コミュニケーション能力が挙げられます。 20代のうちはなかなか患者さんに合わせた対応を取ることができず、苦戦したという方も多いのではないでしょうか。

学校を卒業してから社会に出て様々な人と触れ合う中でコミュニケーション能力は少しずつ磨かれていきます。 30代という年齢はそういったコミュニケーション能力が身についているため、いろいろな職場で重宝されるのです。

ただ、30代になるとデメリットについても考えておかなければなりません。 まず、既婚者で子育てに追われているという方はプライベートが忙しくなってしまい、それが仕事に影響してしまうこともあります。

特に結婚したばかりの方や子どもが生まれたばかりの方は転職に苦戦してしまうことがあるので、転職支援サイトなどを活用しながらたくさんの情報を集め、自分に合った職場を探すと良いですね。

プライベートを充実させたいと考えているのであれば、クリニックがおすすめです。 特に小さめのクリニックはそれほど忙しくないため、仕事と家庭、または仕事と趣味を両立させたいと思っている方にも向いています。

それほど高いスキルが求められるわけでもないので、あまり実力に自信がないという方にもおすすめです。

40代看護師の転職事情

40代になると転職が難しくなってしまうのではないかと不安に感じてしまいますよね。 ですが、看護師という職業は40代くらいまでであれば好条件で転職ができる職業です。

今の職場に不満があるのならば無理をして長く働くのではなく、40代のうちに理想的な職場探しをしましょう。 40代で転職をするメリットは経験値が高いということです。

どの病院も人手不足の状態が続いていますが、そんな中で看護師を1から育てるというのは非常に大変な作業だといえるでしょう。 40代の看護師であれば経験も豊富であるため、採用する側も最低限の指導で済みます。

また、新人看護師の育成にも一役買ってくれる存在であるため、非常に重宝されるのです。

それから、看護師という職業は様々な人と接していかなければならないわけですが、40代は20代や30代に比べるとコミュニケーション能力が評価されます。 特に若いうちから看護師という職業についてきた方は多くの患者さんと触れ合う中でコミュニケーション能力が磨かれていることでしょう。 患者さんと直接接する職場ではそういった能力を高く評価しています。

逆に言ってしまうと、40代でコミュニケーション能力が不足している方は転職に苦戦してしまうことがあるかもしれません。 また、職場に対してあれこれ意見を言う方も面倒だと思われてしまうことがあるので、その職場に合わせて臨機応変に対応していくことが大切です。

40代になってからスキルアップを希望して転職をする方も珍しくありません。 例えば、大学病院や総合病院はスキルのある方を求めているので、40代でも積極的に採用しているところが多いです。

40代の大きな武器と言えば経験値です。 転職活動をする際にはこれをアピールして転職を有利に進めましょう。

注意しなければならないこととして、面接では人柄もチェックされるということが挙げられます。 いくら経験が豊富でも人柄が悪いようだと評価が下がってしまうので、面接での対応や話し方には十分注意しましょう。

このページの先頭へ